金沢逸品畳 西田畳店 Nishida Tatami Co.,ltd朝引き取り、夕方お届け。当日スピード施工 素材にこだわった安心の純日本製 社長西田のここだけの畳の話

皆さんの疑問にお答えします!!Q&A 当日納品承ります!!内灘エリア、金沢エリア、かほくエリア、津幡エリア、野々市エリア。石川県内営業エリア。金沢市、野々市市、内灘町、津幡町、かほく市
西田畳店の石川県内営業エリア
金沢市、野々市市、内灘町、津幡町、かほく市

石川県金沢市・津幡町・内灘町の西田畳店。表替え、裏返し、新畳の他、縁なし畳、薄畳を取り扱っています。日本製にこだわった国内生産・自社工場での一貫製造。

  • 畳の選び方
  • ご注文から納品まで
  • お手入れの仕方
  • お客様の声<
  • 会社概要
トップ  >  Q&A

Q&A

当店に寄せられるお問い合わせの中からよくある質問をピックアップしました。
お手入れに関するご質問も多数頂きましたが「お手入れの仕方」のページをご覧ください。
この他のご質問がありましたら当店までお問い合わせください。

表替えと裏返しの違いは?

表替えと裏返しを混同しているお客様が時々いらっしゃいます。両者を勘違いしたままですと 畳屋さんと話がかみ合わないだけでなく工事内容も異なってしまいます。

畳表は年数が経つと 茶色っぽく変色してきますが、畳表の裏側は日光が当たらないためきれいなまま残っています。そこで畳表をいったんはがしてきれいな面を上にして再び縫い付けるのが裏返しです。 新品のように青畳まではいきませんが黄白色の畳に早変りいたします。

一方、表替えはいったんはがした畳表を捨て新品の畳表を縫い付ける工事のことです。表替えは床が頑丈なうちはい つでも何回でもできますが、裏返しは1枚の畳表で1回限り施工することができます。畳表は1回限りのリバーシブルなのです。ちなみに裏返しの適齢期は3年から5年使用した時です。 染みができたり焼け焦げができた場合は裏返しができなくなりますのでご注意ください。

畳の寿命は?

畳は大きく分けて畳表と床からできています。畳表の耐用年数は約10年、床は20年から 30年と部分によってばらつきがあります。床に比べて畳表の耐用年数が短いのでそのまま 使い続けると畳表だけがボロボロになってしまいます。
そのため床が使える期間に2、3回程度裏返しや表替えで畳を修繕することをお勧めいたします。また、床はその材質によって耐用年数が異なります。ワラを主原料にしたものは30年以上もつことがあります。インシュレーションボード製の床やインシュレーションボードとポリスチレンフォームを組み合わせた床は20年ほどでへたってきます。
また、使用頻度による影響も考慮しなければならないでしょう。 いつも座る所やお部屋の入り口は床が早くへこんでしまいます。さらに結露や雨漏りで床が濡れるのを放置しておくと床がくさってしまいます。

このように畳は材質や使用頻度によって耐用年数が大きく異なってしまいます。もしどのような工事が適当かまよった時は当店またはお近くの畳店にご相談してください。

普通の畳をへり無畳に表替えできますか?

施工は可能ですが多くの場合仕上りはきれいになりません。理由はへり無し畳と普通の畳の構造上の違いによるものです。普通の畳の側面は2辺を畳表で残りの2辺をへりで縫い付けてあります。一方へり無し畳は側面を4辺とも畳表で縫い付けてあります。畳表とへりの厚さが異なるため一枚あたり5㎜程度の寸法の誤差が出来てしまいます。8畳のお部屋だと最大2㎝の誤差ができ畳が窮屈に敷き込まれます。畳が窮屈になると畳表が浮いてしまいきれいに仕上げることができません。

へり無し畳の側面

たて方向の辺と横方向の辺ともに畳表を側面にまわして縫い付けてあるのがわかります。写真では見えませんが反対の2辺も同じように縫い付け てありますので、4辺とも側面を畳表で縫い付けてあります。

普通の畳の側面

へりを付ける側面の写真です。畳表が側面まできていないのがわかります。 この畳にへり無し畳の畳表を取り付けると約5㎜寸法が大きくなってしまいます。

いらなくなった畳はどこへ処分すればいいの?

畳が不要になる場合として、現在ご使用になっている畳が老朽化して新畳に入替える時と、和室を洋室にリフォームする場合があります。まず畳を新調して入替える場合は畳屋さんが古い畳を有料にて処分するサービスを行っています。また、和室を洋室にすると当然に畳が不要になり、大工さんや工務店が処分します。 この場合では畳の処分費用が工事費用に含まれています。
この他、地方自治体によって畳の処分を行っているところがあります。ちなみに金沢市では有料で畳を処分するサービスを行っています。

畳をまくったら入らなくなりました

まくった畳を敷き込もうとしたところ入らなくなったというお電話を時々受けることがあります。理由は畳の大きさが一枚一枚違っているからなのです。そこで畳屋さんでは畳の側面に目印となる文字や番号を書き込んであります。ただし専門用語にて表記してあるため普通の人には意味不明な言葉になっています。したがって施工した畳店またはお近くの畳屋さんにご相談されることをお勧めいたします。また、汚れた畳を目立たない場所の畳と交換する場合も大きさが違うと入らないことになります。

投票数:12 平均点:10.00